2021年01月18日

ミツボシ・久慈工場「峰 謹製」面組み準備!〜その12〜

menおはようございます、LET'S KENDOです。

昨年10月に岩手県久慈市にあるミツボシ ・久慈工場へ行き、工場見学とミツボシ日本製防具の最高峰「峰 謹製」を注文してきたシリーズですが、最後の防具・面組み作業へ!

今週中には、面組み完成編もアップ予定でっす!(21日AM7時アップ予定)

※その1「峰 謹製」を注文!」
※その2「峰 謹製」面布団完成!」
※その3「峰 謹製」コテ完成!」
※その4「峰 謹製」芯材の手そぎ!?」
※その5「峰 謹製」垂布団を製作中!」
※その6「峰 謹製」垂完成!」

※その7「峰 謹製」面金を選ぶ!」

※その8「峰 謹製」飾り糸の種類!
※その9「峰 謹製」職人インタビュー!
※その10「峰 謹製」突き垂・胴胸完成!
※その11「峰 謹製」胴が完成!

IMG_5003とうとう、面組みに入りました!!

面布団は、11月くらいにはできていたのですが、アゴ・胴胸の完成待ち、あと単純に制作過程の順番待ちを待ちに待ち、この時がきました〜。

面布団も美しいですね!国産の紺反(簡単に言うと袴の生地)と国産の紺鹿革を使用しています。海外製の生地も綺麗ですが、国産は安定した色、深みとも間違面布団いないです!糸・生地の選別、染めの技術、検品、すべてに優れているのだと思います。

面に関しては昨年10月に訪問した時に、水くんに採寸をしてもらい、面組みスペシャリストのねぇさんにLET'S KENDO Tシャツを渡して、直接依頼してきましたので、きっと丁寧にやってくれていると思います!その模様も、今週中に動画としてもアップ予定です。

面の組みに関しては、下の動画をみてください!
動画としては約50分、できる限りノーカットで公開しています。面を組むのってこんなに大変なだ!ってことが伝わると思います。
※ミツボシ 動画特集はこちらから>>

今回、こんなに撮影しちゃっていいの?ってくらい撮ってます。とにかく、文章で書くより見てもらったほうが正確です!

ざっくりと、面金の縁巻き、
縁革巻き、アゴの合体、うちわの合体、そして面布団を綴じとなります。

職人のねぇさんは20年近く面組みをしていて、力の入れ具合により指が曲がってしまい、何度も医者に直してもらってるっていってました。最近はめんどくさくて、そのままにしてるとも・・・!?

作っている人の顔がわかる防具を使うって言うのは、いいですよね。これも、日本製のいいところです。

この後は、面縁塗りをしてもらい、軽く叩いてもらったりして防具の完成となります。
そして!最終仕上げ・納品はミツボシ 蔵前ケンドーサロンのマスター・関さんにしてもらう予定です。


防具を知ると、いろいろと楽しいですね!みさんもいろいろ研究してみてください!!


自分の峰 謹製はどのような仕上がりになるのか、楽しみです!! 


※ミツボシ商品、「峰」などは東山堂HPへ>>

以上です。

※ミツボシ 動画特集はこちらから>>












lets_kendo at 07:00|PermalinkComments(0) 剣道