情報

2009年08月17日

剣道連盟 更新情報

本日は、let's KENDOに全国の剣道連盟の情報をアップさせました。前回の更新が7/29だったので、2週間以上ほっといたってことになりますね。
さて、主な更新内容は下記の通りです。

※インターハイ結果、東海中学校剣道大会(岐阜中体連)、四国中学校剣道大会(愛媛)、中国中学校剣道選大会(山口中体連)

※全日本選手権出場 若生大輔(北海道)藤澤秀憲法(北海道)、渡部雄大(山形県)、中野貴裕(京都府)、古川恵一(佐賀県)

let's KENDOのトップページ下段にコーナーがありますので、そこから詳細画面にすすめます。他にもいろいろありますので、ぜひぜひチェックしてみてください!!

あっ、あと神奈川県警の宮崎正裕先生の八段昇段パーティの模様も、鶴見区剣道連盟のサイトに掲載されていました。ちょっと変わったネタので紹介してみました。

今日は、初段をとって剣道をやめた友人(人間的にも初段)とご飯を食べたのですが、その当時の審査の話になり、作文?レポート?は、実技→剣道形のあとに、道着を着たまま床に作文用紙を広げて書いた。と言ってました。私の記憶だと、事前に書いて、当日渡しただけだったような気がします・・・ 地方によって違うんですかね?
剣道やった後に、作文を書きたくないですよね〜 ちなみに彼は、青森県むつ出身で、「強い道場だったし、俺も強かった!!さらに勉強もできた!!」と豪語しておりました。やっつけてやりたいですね〜 やられちゃったりして・・・

お時間のあるときにちょこちょこlet's KENDOをチェックしてください!!

クリックお願いします!!→ 人気ブログランキングへ


 

lets_kendo at 01:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年07月19日

剣道人口はなぜ減っているのか?

なんてタイトルを考えてみました。剣道が直面している深刻な問題です。そして、よくブログや特集などで取り上げられやすいネタです。

答えは簡単です。
子供が減っているというのもあると思いますが、そもそも剣道がどういうものなのか分からないんです。
つまり、「気軽にできるものではない(敷居が高い?)」という印象があるからです。

私の知る限りですが、何かを始めるというのは、何かに影響を受けて始めるものです。
今の剣道には、その「何か」が無いに等しいと思います。私が剣道を始めたきっかけは、小学生の時に近所に住んでいたお兄ちゃん的存在の人がやっていたからです。同期で始めたのは30人くらいいたでしょうか。
その後、中学生になるころにはサッカーがプロ化し、ワールドカップへ出場するかしないかなんて盛り上がっていた時期です。
すると、サッカー部には人が増え、あふれていました。もちろん剣道部(道場)からサッカー部(クラブ)へ移った人もいます。やはり、メディアに取り上げられる事は非常に大きいことです。

また、私が始めたころは、「六三四の剣」の影響を受けた、私より少し年上の人たちが剣道を始め、 その影響で年下(弟、妹)が始めるという図式もあったのでしょう。私は「六三四の剣」第二世代ということでしょう。

昔は、剣道をやってる人も多かったから、始めるきっかけがあったのですが、現在の小学生・中学生においては、その図式が無いから、人口が減っているのです。
まぁ当たり前のことです。

やはりオリンピック競技ではないというのが、残念なところです。
柔道はオリンピック競技であり、金メダルを獲得したら、知名度を得れますが、剣道は年に1回、全日本選手権がNHKでやる程度です。
歴然の差があります。

まずは、できそうな提案を。剣道を普及させるために、夏祭りやイベントなどで、剣道のデモンストレーション的なものをやるのはどうでしょうか?これなら地域密着でやっている道場、剣友会の先生や父兄でも企画できそうですよね?ちびっ子が剣道を見て、知り、始めたくなるきっかけになるのではないでしょうか?小さい子が見たら「なんかすごい!!」って思ってもらえると思います。ポスターを地域の掲示板に貼っても誰も見ませんよ。百聞は一見に如かずです。
そういった努力をしないのに、人口が減っているって言っているだけでは、増えないですよね・・・ 
私でお手伝いできることがあれば何でもします!!

そんなこんなで、このネタ、またそのうちに書きたいと思います。

それでは、復活したlet's KENDOを時間のあるときにご覧ください。




 

lets_kendo at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年07月17日

let's KENDO 復活しました。

let's KENDOが復旧いたしまいた。どうなっちゃうものとか思いましたが、アクセスできない状況がつづき、当然誰にもみてもらえず、若干ビビっていたところです。丸4日です…

今後も、更新を続けていいきますのでlet's KENDOをよろしくお願いいたします。

今後の更新予定

7/18(金)夜 全国各剣道連盟 更新情報掲載
7/19(土)夜 写真付き試合速報 「全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会」

7/24〜29 玉竜旗試合結果随時掲載(リンク)

7/22〜23 東日本、西日本 各剣道連盟 更新情報掲載

8/5 インターハイ最終日 写真付き試合速報 (8/6に掲載する予定です)

8/11 全国定時制通信制剣道大会 (取材予定)

となっております。

なるべく多くの情報を掲載していいきますので、今後とも宜しくお願いいたします。

それでは、お時間のあるときにlet's KENDOをご覧ください。




lets_kendo at 12:05|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年06月25日

剣道時代 8月号 を読んでみて。

剣道時代8月号をざっと読んでみました。いや、目を通してみました。こんな試合結果が載ってます、という程度ですが、お伝えします。本日は、「その1」です。明日以降に「その2」を書こうと思っております。技術論的なところは、読んでいただかないと伝わらないと思うので、省略します。

まず、全日本高齢者武道大会結果。剣道寿A組というカテゴリーは、なんと85歳以上の部なんですね。読んでいても、選手方々の動きが想像できないです。一度見に行ってみたいと思う大会です。8月号では関東実業大会などありますが、試合結果掲載としては、高齢者大会が最初にきています。これは、読者層の関係で最初にきているのか、高段位の方々が多いからなのか、どでもいいところが気になってしまいました。

高齢者大会のあとは、居合の八段戦です。まったくわかりません。

そして、雑誌の後半には、全国矯正職員大会、関東実業団大会、関東女子学生大会、西日本学生大会と続いてます。 矯正職員と書いていあって、よくわからなかったのですが、刑務所の全国大会ってことでした。そして、大会の会場が、東京拘置所道場です。私が取材したいなぁと思ったときには、入れてもらえるのでしょうかね?気になったのが、会場係の方々が作業服みたいのを着てやってます。会場係は、スーツや学生服なんてイメージがありましたが、会場が会場なだけに作業服とはさすがですね。 

続いて、関東実業団大会。決勝、準決勝は、let's KENDO(試合結果)を参照していただくとして、準々決勝と5回戦からの結果が掲載されています。また、最優秀選手の無藤淳選手の紹介もありました。

関東女子学生は、筑波大学が優勝。関東男子学生も筑波が優勝しているので、アベック優勝です。そして、関西学生も、男女ともに鹿屋体育大学が優勝しております。なんでしょうか、この現象は。最近、インターハイ予選の結果などもlet's KENDOで掲載していますが、甲府商業や島原などアベック優勝しているところがありましたね。ちょっと大会の規模が違いますが。

長くなってしまいましたが、読んでいただいてありがとうございます。こんな感じで、次回「その2」でも感想を書こうと思ってます。

今後ともlet's KENDOのほうもよろしくお願いいたします。

 

lets_kendo at 23:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)