道場

2009年07月30日

する練習、させられる練習

毎日暑いですね。よく考えてみると、高校生の時は、こんな時期でも毎日稽古していたんですよね。考えられないです。しかも、夏といえば合宿なんてあったり・・・ あっ、合宿で思い出しましたが、高校の剣道場は狭かったので、体育館の端から端まで打ち続ける追い込み(追い打ち?)ができなかったのですが、合宿先の体育館は広くて何往復もさせられてましたね。今だったら受けるだけも大変です。たぶん受けられないですね。
大学は北海道だったんで、どちらかというと冬の方が嫌でしたけど・・・

社会人になってからは、剣道の練習は年に数回しかやらない状況が続いています。高校生の時は、嫌でも練習を「させられて」ました。これはあくまで、私の見解です。高校でも大学でも、稽古は嫌いで嫌いでしょうがなかったです。
しかし今は、自らやろうと思わないとできないし、やろうと思ってもできなかったりします。 剣道やるために、仕事が早く終わるところに転職するわけにもいかないし、なかなか難しいです。そして、年に数回の稽古のうち、地稽古しかやらなかったりすることも珍しくないです。たまにだから、基本打ちをやってみたかったりするんですよね。
仮に年に三回稽古したとして、四ヶ月に1回、1時間地稽古する・・・ 運動不足解消とも言えないし、そもそも強くなろうと思ってる稽古回数でもないし・・・ 結論を言うと、なんとなく続けているっていう状況ですね。いまとなっては、誰かに「やらされて」稽古したいですね。たまに、でいいですが。
とりえず今後は、月に一回くらいはやりたいと思ってます!!

それでは、お時間のあるときにlet's KENDOをご覧ください。動画を見て、ちょっと強くなった気分になってください!!よろしくお願いいたします。 

lets_kendo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月28日

大会への準備、調整について!!

タイトルは大げさですが、私事なんです。なんと、私に「試合に出ないか?」という、ありがたいやら、何を考えてるんやらわからないのですが、先輩からのお誘いなので、ノリで二つ返事し、出場することになりました!!と言っても、埼玉県の市民大会です。私にはちょうど良いのですが。
さてさて、年に2〜3回しか稽古しない私、そして、試合には3年に一回くらいしか出場しない私。どうやって試合に臨むか・・・・ 9月の下旬に大会があるのですが、それまであと一ヶ月半。試合に向けての調整を書きます!
1、現在70キロある体重を65キロにする!!
2、タバコを減らす!!※できればやめたい・・・
3、毎日走る!!
4、週に一回稽古をする!!

あとなんかありますかね?

順を追うごとに、私にとって難しい目標となります。普段なまけているもので・・・ 
やはりこうして、たまに試合に出るという事は、結果はどうあれ、良い事なのかなと思います。普段では、まずやらないことをやろうと思った時点で、自分にとって成果がすでに出ている気がします。情けないですが、事実です・・・ そういうことってありますよね!?

let's KENDOの方には、玉竜旗の結果をリンクしています。7/28現在、女子の結果と男子の四回戦までの結果をリンクしています。
お時間のあるときにlet's KENDOをご覧ください。よろしくお願いいたします。 

※関連
7/11 玉竜旗剣道大会の歴史
 


lets_kendo at 23:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年07月03日

「負けず嫌い」は必要ない!!

私は、自分にも試合にもよく負けます。そして、何事にも「負ける」という事に、抵抗がほとんどありません。「負けず嫌い」というのがありません。生きていく上で楽なんですね、その方が。

なんでもトップクラスの人って負けず嫌いですよね。結果が出ているので、納得できますよね。結果もでてないのに、「オレは負けず嫌い」って言ってる人は非常にカッコ悪いですね。「自分の事わかってるの?」と思ってしまいます。小さい世界で競っててもしょうがないよって言ってあげたいです。それなら自分らしいオリジナルを見つけたほうが全然いいよって。だれもオマエに期待してないから、適当にがんばれよって思います。

私は、「ダメもと」でなんでもできるんです。剣道の試合でも、勝負のときは「ダメもと」で打ちにいきます。まぁだいたいダメですけどね。繰り返すと、そのうち「あっ、さすがにここはダメだ」ってわかるんです。ちょっと成長。しかし、ブランクがあるとまたやっちゃうんですよね・・・ そもそも弱いのであんまし関係ないのですが、自分でそう思って納得するんです、「やっぱダメだったな〜」って。
6月から始めたlet's KENDOも、「だれもやってないし、やってみるか。ダメだったら、誰もやらない理由もわかるかな?」って、始めました。もちろん成功したいですけどね。

仕事でも、上司に「向上心が足りない」、「やる気が感じられない」と言われる事があります。そんなものは、心にあればいいんです。あなたが言いたいのは、売上げをのばせってことなんでしょ? 私は、売上げるために「ダメもと」でじゃんじゃん新規開拓してます。知り合いの知り合いの紹介とか、飛込み営業まで、なんでもやります。初対面ですから神経は使いますが、精神的に負担になることはないです。神経を使うので疲れますけどね。数をこなすと、何となく「ここはなんか行けるんじゃないか?」「2、3回行ってみるか」とかちょっとした「勘」が働くようになります。今の会社ではまだ全然結果でてないですけど・・・ ただ、やって無駄にはならないですからね。そのうち結果がでるだろなぁ、出さないといけになぁと思ってます。結構、「タイミング」だったり「運」もありますからね。

あんまり力みすぎたり、「負けたくない」と思いすぎると、いい事ないですよね。「勝って当たり前」ってなって面白くないですよ。ダメもとで、「ラッキー!勝っちゃったよ!!」ってほうが嬉しさ倍増です。世の中、実質的に後者のほうが多いのに、それに気付かず「負けず嫌い」なもんだから(仕事だったら完璧を求めすぎたりして)、勝手に壁にぶち当たって「うつ病」になっちゃうんですよね。人間関係とかもありますが、「負け嫌い」も一つの原因だと思います。

なんでも、気楽に楽しくやりましょう!! だから、let's KENDOも楽しくやります!!
今後ともよろしくお願いします!


 

lets_kendo at 23:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年06月07日

剣道 第14回世界選手権大会(ブラジル) 日本チーム選手紹介

6/7 第14回世界剣道選手権大会 日本チーム名簿公開

8月28、29,30日にブラジル・サンパウロで行われる世界選手権大会の日本チームの名簿が公開された。総監督・男子監督には、加藤浩二氏(範士八段・東京)、コーチには古川和男氏(教士八段・北海道)が選ばれた。

男子チーム

内村良一(警視庁、五段)
木和田大起(大阪府警、六段)
正代賢司(神奈川県警、五段)
高鍋進(神奈川県警、錬士六段)
寺本将司(大阪府警、錬士六段)
中野貴裕(京都府警、五段)
古澤庸臣(熊本県警。錬士六段)
北条忠臣(神奈川県警、錬士六段)
松脇伸介(警視庁、六段)
若生大輔(北海道道警、錬士六段)

各選手は全員警察官であり、全日本選手権、警察大会なで常に上位に名を連ねる選手である。平均年齢30.8歳と様々な大会で経験を積み、勢いのある選手たち。盤石な布陣である。前回大会の団体戦では準決勝でアメリカに敗れたが、今回は、王者奪還を期待できそうだ。
昨年の全日本選手権大会三位になった、広島刑務所の有馬選手、怪我からの復帰をはたした埼玉県警の米屋選手が、大会時点で世界大会の選手選考は終わっていたので選考されなかったのが残念である。

※内村、正代、高鍋、寺本各選手の名前をクリックすると詳細画面に移ります。

女子チーム

女子監督 神崎 浩 (教士八段 大阪)
コーチ  石田 真理子(教士七段大阪)

大辻 祥子五段、大阪府警察)
近藤 恵子六段、大阪府警察)
佐久間 陽子四段、寒河江高等学校教員)
下川 美佳五段、鹿屋体育大学教員)
庄島 幸恵錬士六段、警視庁)
新里 知佳野(五段、新潟県体育協会職員)
鷹見 由紀子(四段、清和大学職員)
坪田 祐佳五段、岡山県警察)
村山 千夏錬士六段埼玉県警察)
山本 真理子(四段、大阪府警察)

やはり、村山選手を中心としたチーム作りになることが予想さる。女子は、警察官、教員など様々なジャンルから選ばれ、年齢的にも若手からベテランまで混合したバランスのよいチームである。

ブラジルは観光でもあまり行くことが少ない国であり、アメリカ、アジア、ヨーロッパであれば、生活環境を何となく想像することもできるが、ブラジルでは時差、気候、食事など、日本とは想像もつかないくらい違うことを想定し、体調管理に努めてもらいたい。なぜなら今回は男女とも、非常に期待できるからだ。剣道ファンもそう思っているに違いない。

剣道総合サイト let’s KENDO 
http://www.letskendo.com/index.html



lets_kendo at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)