〜その1〜

2009年06月25日

剣道時代 8月号 を読んでみて。

剣道時代8月号をざっと読んでみました。いや、目を通してみました。こんな試合結果が載ってます、という程度ですが、お伝えします。本日は、「その1」です。明日以降に「その2」を書こうと思っております。技術論的なところは、読んでいただかないと伝わらないと思うので、省略します。

まず、全日本高齢者武道大会結果。剣道寿A組というカテゴリーは、なんと85歳以上の部なんですね。読んでいても、選手方々の動きが想像できないです。一度見に行ってみたいと思う大会です。8月号では関東実業大会などありますが、試合結果掲載としては、高齢者大会が最初にきています。これは、読者層の関係で最初にきているのか、高段位の方々が多いからなのか、どでもいいところが気になってしまいました。

高齢者大会のあとは、居合の八段戦です。まったくわかりません。

そして、雑誌の後半には、全国矯正職員大会、関東実業団大会、関東女子学生大会、西日本学生大会と続いてます。 矯正職員と書いていあって、よくわからなかったのですが、刑務所の全国大会ってことでした。そして、大会の会場が、東京拘置所道場です。私が取材したいなぁと思ったときには、入れてもらえるのでしょうかね?気になったのが、会場係の方々が作業服みたいのを着てやってます。会場係は、スーツや学生服なんてイメージがありましたが、会場が会場なだけに作業服とはさすがですね。 

続いて、関東実業団大会。決勝、準決勝は、let's KENDO(試合結果)を参照していただくとして、準々決勝と5回戦からの結果が掲載されています。また、最優秀選手の無藤淳選手の紹介もありました。

関東女子学生は、筑波大学が優勝。関東男子学生も筑波が優勝しているので、アベック優勝です。そして、関西学生も、男女ともに鹿屋体育大学が優勝しております。なんでしょうか、この現象は。最近、インターハイ予選の結果などもlet's KENDOで掲載していますが、甲府商業や島原などアベック優勝しているところがありましたね。ちょっと大会の規模が違いますが。

長くなってしまいましたが、読んでいただいてありがとうございます。こんな感じで、次回「その2」でも感想を書こうと思ってます。

今後ともlet's KENDOのほうもよろしくお願いいたします。

 

lets_kendo at 23:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)